お問い合わせ アクセス
メニュー

NEWS
ニュース

2018.10.29

株式会社フジコソの株式取得について

                                           2018年10月29日

                   【しこく創生ファンド】
                                                  株式会社フジコソの株式取得について
                                     -事業承継に関する課題解決と持続的な成長の支援-

四国アライアンスキャピタル株式会社(以下、「弊社」)が運営するしこく創生投資事業有限責任組合(以下、「しこく創生ファンド」)は、事業承継に関する課題解決と持続的な成長の支援を目的に、自動化生産設備の企画及び設計・製作会社である株式会社フジコソ(以下、「フジコソ」)の過半数の株式を、創業オーナー一族等から取得しましたのでお知らせいたします。

フジコソは、自動車・電機・食品などあらゆる製造業者向けに、部品の自動組立機など生産ラインを自動化する設備の設計・製作を手掛けてまいりました。自動車・電機業界を中心とした大手メーカーとの長い取引実績により、厳しい品質と納期の要求に応えられる業務プロセスを構築しており、高い技術力と独創性を持っております。

今般の資本参加に伴い、弊社から複数の役員を派遣し、創業オーナーによる同族経営から組織的経営への移行をサポートするとともに、当社の役職員らと協働して持続的な成長・発展に向けて積極的に取り組んでまいります。

また、当社の技術力を活かして人手不足に悩むものづくり企業の生産ライン等の自動化を支援することで、主に四国地方の産業競争力強化と経済活性化に貢献してまいります。

尚、代表取締役である藤社司氏及び小松信広氏にはそのまま現職を継続いただき、経営の継続性を維持しながら、新体制への移行を進めていく予定です。

 

【株式会社フジコソの概要】

企業名 株式会社フジコソ
所在地 愛媛県東温市則之内字段乙2309番地
代表者 代表取締役会長  藤社 司
代表取締役社長  小松 信広
事業内容 自動化生産設備の企画及び設計・製作
資本金 5,000万円
設立 1990年11月
ホームページ http://www.fujikoso.co.jp/

(本件に関するお問い合わせ先)

 総務部  坂本、営業部  平田 

 TEL:089-913-2100

 

< 四国アライアンスキャピタル株式会社について >
   弊社は、四国の地方銀行4行(阿波銀行、百十四銀行、伊予銀行、四国銀行)の共同出資で設立したファンド運営会社です。事業承継や成長ニーズ等のあるお客様を対象とした「しこく創生ファンド」と、主に四国内の中小企業の再生を支援する「しこく中小企業支援ファンド」を運営しております。
   ご資金の提供に加え、4行の経営資源をフル活用し、投資先さまの企業価値向上に資する「ハンズオン支援」の実施を基本スタンスとして投資を行っております。ハンズオンを通じて新たなるステージへの飛躍に寄与し、地域経済の成長・発展へ貢献してまいります。

【しこく創生ファンドの概要】

名称 しこく創生投資事業有限責任組合
ファンド総額 4,000百万円
設立日 2018年327
投資対象 四国アライアンス4行が営業基盤を有する地域にて主たる業務を行う中小・中堅事業者
存続期間 10年間(最長2年間の延長可能)

【スキーム図】


PAGE TOP
問い合わせアクセス